レディ

乙女の悩み|目の下のたるみは整形外科で治せる

しわ取りに有効な方法

注射する女性

食中毒菌としておなじみのボツリヌス菌も、使い方次第では病気や美容に大きな効果を発揮することもあります。たとえばボツリヌス菌は、たった500グラムで人類を絶滅させることもできる強力な毒素を持ちます。しかし適切な用法用量を守ることにより、その長所だけを治療に摂り入れることが可能です。ボツリヌス菌から抽出されるボツリヌストキシンという毒素は、脳の命令を筋肉に伝えるためのアセチルコリンという物質の働きを阻害する特性を持ちます。これにより使用した部分の筋肉の収縮を抑制し、余分な動きをしないように抑えることができます。この作用を利用することにより、多汗症やしわ取りの他、小顔にするなどの治療が比較的簡単に行えるようになります。

これまでのわきがや小顔の治療は、外科手術による治療が中心でした。しかし外科手術は効果こそ大きいですが、費用も高額なうえ肉体的な負担も大きく、手軽に試せる治療ではありませんでした。その点ボトックスの治療は、注射だけで済むので負担も軽くダウンタイムや施術の時間を気にする必要がありません。しかもボトックスなら細かな調整も可能なので、より理想に近い施術を受けられます。そのうえプチ整形ということで、治療箇所の変化が小さく周囲に気付かれにくいというメリットも持ち合わせています。さらにボトックスの作用は長くて半年程度の効果なため、もし仕上がりが気に入らなくても時間が経てばリセットすることも可能です。それに施術の際は麻酔を使うので、注射が苦手な方でも問題なく治療を受けることができるのもボトックスの魅力といえるでしょう。